音楽

手紙 拝啓十五の君へ

アンジェラ・アキさんの「手紙」。
初めて聞いたのは「NHKみんなの歌」でしたか。
昨日も同局の「ミュージックなんとか」という番組で聞きましたけど
聞くたびに泣いてしまうな、この歌は。
どうしてでしょう。「十五」ってのが、いかんのかな。
「十五のわたし」って、大体が受験生ですよね。
そりゃもう,未来は不安だらけだし。
アイデンティティはグラグラだし。
居場所なんか作れるスキルもなかったし。

そんなぐだぐだ中学生だって、いちおう大人としてやってるよ。
万年寝不足だから、眠れない夜なんてのもないし。
一番の心配事は将来の年金の支給額だよ。

形而上の悩みごとだらけだった「十五」は全くキレイだなんて思ってないけど。
涙が出るくらい愛しくはあったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)