« お買い物 | トップページ | お知らせ »

三菱一号館

丸の内の三菱一号館美術館に行ってきました。

ボストン美術館からミレーの「種蒔く人」がきていました。
実物は思っていたよりも画面が暗く、
人物の顔が判別できないほどでした。
印刷物は相当、明度と彩度を調整している感じです。
教科書で見おぼえていたものとは全く違いました。
でもそれが悪いというのではなく。
「農夫」という、それまでの
絵画には無かったモチーフの存在感は
むしろ細部を描かれないことによって
より際立って感じられました。
目鼻立ちは明らかではなくとも
ずっしりとそこに確かに在る人間。
身なりは質素でも
逆光に浮かび上がる彼らのシルエットは
荘厳で美しくさえありました。
写真は隣接するカフェのなか。
コーヒーがおいしかったです。P1040122

|

« お買い物 | トップページ | お知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事