« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

春ですね

東京は日中、15度以上の気温になりました。

もう、仕事部屋にヒーターは要りません。

椅子にホットカーペットは敷いていますが。

靖国神社の桜は咲き始めたようです。

10個以上咲くと、開花宣言だそうで。

明日当たり、出そうです。20120331_22214


|

春は名のみの

…風の寒さでございます。

高校野球なぞ流しつつ今日も執筆しております。

原稿を描いていると「どこかおかしいんだけど

どこがおかしいのか、よく分からない。」ということが

ままあるのですが。

スキャンしてモニターで見ると、デッサンのおかしいところが

突然見えたりするんです。特に拡大、縮小すると顕著に。

客観的に「離れて見る」ことができるからだと思います。

描いてるときはつい、原稿に張り付いて見ちゃうからねcoldsweats0120120327_32150


|

貼込み

以前は人物を描いてからでないと書き込めなかった背景。

今は、デジタルのおかげで拡大縮小、左右反転、何でもできます。

そういえばうちで一番古参のベテランアシスタントさんが

風邪を引いてお休みでした。

16〜17年来てもらってるけど、欠勤はたぶん初めて。

たいした事無いといいなあ。早く治りますように。20120324_195024


|

彼岸まで

そろそろ春めいてもいい頃なんですが、

相変わらず寒い東京です。

昨日の最高気温は10度でした。

仕事部屋ではまだヒーターが必要です。

次のお話はまた始皇帝と呂不韋です。

GOLD6月号に掲載予定。20120322_133248


|

奇貨カラー

表紙のカラーです。

雑誌ではかなり濃いめに印刷されてます。

「いつもより薄めに印刷してください。」と

お願いしておくべきでした。

次こそは!

20120219_192245


|

今日のヒトコマ

前回までは、1ページペン入れしては

スキャナーで読み込んでいたのですが。

今回からは一コマごとです。

1ページと言っても、私の場合は軽く

7〜8コマはあるのでいっぺんにやろうとすると

いろいろ忘れてしまうのです。

例えば、女性の髪のかんざしをコピーして

あとで合成しようと思っていたのに忘れてしまったり。

なので、アナログでもよくやる方法なのですが

「キャラAを集中してまとめて描く」ほうがいいみたいです。20120310_24827


|

自作のフキダシ

試行錯誤の末、
1、原稿用紙に枠線のアタリとネーム(台詞)を鉛筆で書く。
2、スキャンしたものを下書きにして、コミスタで枠線を引く。
3、原稿用紙のネームをコピーしたあと、人物をペン入れ
4、アシスタントさんが描いた背景と人物の線画をデジタルで合成。
5、フキダシを貼付け、トーンで仕上げ。

のような手順でやってます。
で、昨日は貼るだけの自作フキダシをいっぱい作りました。
前回までは原稿用紙に全部アナログで書いてたんですが。

デジタル仕上げを始めた頃よりデジタルの比率が増えてきています。
そのうち、線画もデジタルで描くようになるのかな。
停電が怖いな〜。20120307_145600


|

枠線引き

そしてなんだかんだ言っても

締め切りに関しては超小心者なので

昨日からまじめに枠線引いてます。

一日早く始めれば、一日早く終わる。(はず)

今回はまず原稿用紙にアタリを描いて

それを読み込んだ物を下絵にして枠線を引き、

さらにその枠線を水色で印刷してみようかと。

前回、黒でばっちり原稿用紙に枠線をプリントしたら

人物がはみだしたコマとか

意外と直す箇所が多かったので。

今回は絵を読み込んだ後、コミスタで枠線を引いてみます。
20120303_94604


|

もう3月

次のお話のネームは出来ているので
すぐ作画に取りかかれるのですが。

「浅漬けの容器を買って美味しいつけものを作りたい。」とか
「春向けの新しいお財布がほしい。」とか
「録画してあるポアロを見なくちゃ」とか。

脳が逃避をするんです。

とりあえず今日は洗濯、掃除はバッチリした!
(ある意味これも逃避行動かもしれませんが。)
20120302_144229


|

自作ブラシ

コミックスタジオという漫画制作ソフトには

自分でつくった「ブラシ」を登録して使える機能がありまして。

以前に作った花のブラシを今回「奇貨」の原稿に使ってみました。

「ブラシ」と言っても実際は「スタンプ」のように画面上で

ポンポン押して使います。

時間の短縮になるし楽しいので、また新しいブラシでも作ろうかと。

肉まんがたくさん描ける「肉まんブラシ」とかはどうだろう…?


20120301_151333_2


|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »