« 青い文学 | トップページ | 9月 »

思い込み

コミックスタジオという漫画制作のソフトが

あるのですが、興味の無い人はここから先は

読み飛ばしてください。

さっき、原稿の手直しをしていて気がついたのですが。

「ここのモブの線、もう少し太くしたいなあ。

でも、線の編集って確かベクターレイヤーでしか

できないんだよねえ。」

「じゃ、ベクターレイヤーで画像を読み込んで…。」

画像…ベクターレイヤーには読み込めません。

新しくラスターレイヤーが開くだけです。

「ベクターレイヤーってペンで描画しかできないの…かな?」

んでは、ラスターレイヤー上の画像をベクターレイヤーに

変換しようと思って取り説を引っ張りだして読んでみたらば。

「線の太らせはラスターレイヤーで出来る。」って書いてありました。

今まで使えないと思ってたから、使わないでいたけど

基本認識が間違っていたのねwobbly

思い込みって…いけませんね。 

写真左が元の線。右側が、線幅修正ツールの使用後。


P9010094


|

« 青い文学 | トップページ | 9月 »

マンガ」カテゴリの記事