« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

コミックスの表紙

まだ決定ではありませんが

編集さんから「打猫」の表紙の第一稿が

送られてきました。

本番では帯も付くというので

どんな仕上がりになるのか楽しみです。

発売日は11月16日の予定。P9280098


|

ゴマの栄養

先日買って来た大月餅をとうとう食べました。

手でもってみてもずっしり重みを感じますが

食べても重厚です。

胡麻あんにはすりつぶした胡麻はもちろんのこと

大量の胡麻油が入っていますからね。

登山する時リュックにしのばせてゆくといいんじゃないでしょうか。

すごい腹持ちもいいし。

P9240101


|

できた〜。

こんな感じのバッグチャームを作りました。

所要時間、約20分。

すっごい簡単なものですが、完成させることに意義が

あるのです。

次の余暇がいつになるか分からないので

ホビーはその時やりきることが基本。

じゃないと、作りかけのものが

何年も放置…されることに。

やりかけのもの、一杯あるので

これ以上増やさないようにしてますcoldsweats01P9230097


|

創作熱

一年に一回くらい、手芸的なものを

無性にやりたくなります。

それは、編み物であったり、人形作りであったり

まちまちなのですが。

今回は、ビーズです。

なんだか突然、ネックレスを縮めたときに余った

バロックパールを利用したくなったのです。

というわけで、作業開始。

さて、なにが出来上がりますやら。

P9230104


|

新しいプリンター

エプソンの4色インクの新しいプリンターを買いました。

今、A4サイズのプリンターって安いんですね。

逆にインクカートリッジがお高くてビックリ。

インクがプリンター本体の価格の半分ってどういうこと?!

しかし、印刷はきれいなので大満足です。

デジタルでカラー原稿を描くときに

印刷見本が必要なので、これから

たくさん働いてもらおうと思います。
P9230096


|

針仕事

夏によく着ていたカーディガンのボタンをつけかえました。

以前のものは球を半分に切ったような形で

着ているうちにボタンがスルッとはずれて

前がはだけてしまっていたので。

イクスピアリの中にある、輸入ビーズやリボンなどを

扱っているお店で選びました。

このボタンの形状ならちょっとやそっとじゃ

はずれなくていい感じです。P9210098


|

マルタのきぶどうジュース

被災地宮城の田所商店さんから送っていただいた

貴重なきぶどうジュースです。

なんでも、海の側の工場は津波の被害に会い

タンクに貯蔵していたジュースが半分だけ無事だったので

別の工場を借りて瓶詰め作業をされたそうで。

被災のご苦労が忍ばれます。

このきぶどうジュースのことはお友達のもとなおこ先生に

教えていただいたのですが、なにがすごいって!

「疲れ目に効く」んですよ。きっとぶどうに含まれたポリフェノールの

効能だと思うんですけど。

私たちは眼を酷使する仕事なのでこの濃い紫のエキスは

ほんとにありがたいのです。

応援の意味も込めて、これからもずっと愛飲していきたいと思います。


P9210095


|

コマぶちぬき

漫画でよく使う技法に「わざとコマからはみ出す」というのが

あります。ワクセンからはみ出すことによって、

人物が手前にいるように見せる効果です。

アクションシーンなどでもよく使われます。

私はこのはみ出しが好きで結構多用するのですが、

難点をいうと失敗した時「切り貼り」がしづらいのです。

でもデジタルにしたので、今は無問題。

コマの編集がほんとに簡単になりました。


P9200096


|

アイライン

ワコムのタブレット(板タブ)で仕上げをやっていると

この眼の周りのアイラインを引くのが一番難しいです。

画面を拡大して描いて、「これで大丈夫」と思っても

縮小してみるとラインがガタガタになっていたり。

ほとんど勘の世界です。プリントアウトしてみると

よくわかるんですけどね。P9160095


|

チラみせ

「旅の唄うたいシリーズ 狐憑き」の原稿は

こんな感じです。女性は妲己。

「ほんとはどんな人だったのかなあ?」なんて考えながら

描きました。

台風15号と16号の影響か今日はひどく蒸し暑いです。

早くカラッカラに乾いた関東の冬がこないかな〜。

冬が一番体調がいいんですよね。


P9160094


|

発売日

今日16日はプリンセスGOLD10月号の発売日です。

「旅の唄うたいシリーズ 被狐狸迷住 狐憑き」48Pが

載っていますので、興味のある方はぜひ。

写真はカラー扉の一部です。

今回の配色は担当さんが頑張ってくださって

すごく、中華怪談っぽくていい感じです。

こういう、綺麗で怖い雰囲気大好きhappy01
P9140095


|

表紙完成

コミックスの表紙用のカラーが出来ました。

ちらっと一部公開。

実物は11月16日発売の

「旅の唄うたいシリーズ1打猫」のコミックスで

確認してくださいhappy02
P9150096


|

色塗り

今日もカラー原稿を描いてます。

飾り罫の色塗りは、配色のバランスを考えるのが

楽しいです。アニメの色彩設計みたいな感じですね。

パソコンで作業をすると、借りて来たDVDが見られないのが

ちょっと残念sadP9130094


|

キャリブレーション

デジタルでイラストを描き、印刷する際に

一番問題が起きやすいのが、「色の再現」です。

パソコンのディスプレイにしても、私が見ている私のディスプレイの色と

あなたが見ているあなたのお家のディスプレイの色はおそらく違う。

で、対策としてとりあえず新しいプリンターを買いました。

今まで使っていたのは6色インクのだったので

今度のは4色インクです。雑誌の印刷が基本、4色印刷なので。

とりあえず、プリントアウトしたものが

ディスプレイ上の色とかけ離れていなければ成功。P9110095


|

カラー原稿

コミックスの表紙用のカラー原稿を描いています。

しかし、ひとつ困った事が。

先日、MacのOSをLionに変えたら、スキャナーが

動かなくなってしまいました。

仕方が無いのでウィンドウズにスキャナーをつないで

「ウィンドウズのファイルに画像を保存し、

マックのファイルに転送する。」なんて面倒なことをやっています。

早くLion対応のドライバーソフトができないかしら。

P9110094


|

手描き

コミックスの表紙用に飾り罫を描きました。

素材集とかいろいろ探したんですが

「これだ!」というのが無かったので

手描きしました。

漫画家になる前はちょこっとテキスタイル関係の

お仕事もしていたので、ちまちました柄を描くのは

好きなんです。ウィリアム・モリスとか大好きlovelyP9100099


|

色分け

デジタルでトーンを貼ると

どうしても貼り残しとかはみ出しが出来てしまうので

写真のような感じで、色を変えて確認します。

ペンで塗りつぶすようにしてトーンが貼れるので

服のしわとか、剥がれやすかった箇所の

トーン貼りが劇的にやりやすくなりましたhappy01
P9050094


|

大好物

6〜7年ぶりに大好物の月餅を買いました。

以前はよくおやつにいただいていたのですが、

「大月餅は約900キロカロリー。」と聞いて

自らに禁じていました。だって、4等分にしても

一日でぺろっと食べてしまうんですもの!

中国では中秋節が近くなると、いろんな月餅が売られています。

直径30センチくらいの巨大なものも!

あれはケーキのように切り分けて家族で

いただくんですね。中華街などで売られている大月餅は

それよりは小さいですけど

決して一人で食べるものじゃないんですよsadP9060095


|

参考書

「コミックスタジオ マスターバイブル」という本を買いました。

私は線画はアナログで仕上げだけデジタルでやっているので

パース定規とか3Dとかテキスト関係のツールはほとんど

触った事が無く!

「あー、この本はオールカラーでなんか読む気になれそうだ。」と

いう直感のみで購入。

確かに見やすい、読みやすいです。

しかし、「3D人形を下書きがわりにデッサンをすることだけは

永遠にないだろう。」と思いました。

骨格とかバランスとか固定されてしまってかえって

描きづらいんじゃないかな〜?

人間の関節って意外に可動域が広かったり、伸びたりするからね〜。

しかしまあ、読みやすい本には間違いないので

パラパラ眺めてるだけでも楽しいです。

P9050095


|

9月

気がつくともう9月。

そろそろ本気でコミックスの

入稿準備を始めねば…。

写真は近所の公園の池。

この公園は蚊がいっぱい出るので

夏は鬼門。虫除けを噴射して行っても

4〜5カ所は食われます。P8090451


|

思い込み

コミックスタジオという漫画制作のソフトが

あるのですが、興味の無い人はここから先は

読み飛ばしてください。

さっき、原稿の手直しをしていて気がついたのですが。

「ここのモブの線、もう少し太くしたいなあ。

でも、線の編集って確かベクターレイヤーでしか

できないんだよねえ。」

「じゃ、ベクターレイヤーで画像を読み込んで…。」

画像…ベクターレイヤーには読み込めません。

新しくラスターレイヤーが開くだけです。

「ベクターレイヤーってペンで描画しかできないの…かな?」

んでは、ラスターレイヤー上の画像をベクターレイヤーに

変換しようと思って取り説を引っ張りだして読んでみたらば。

「線の太らせはラスターレイヤーで出来る。」って書いてありました。

今まで使えないと思ってたから、使わないでいたけど

基本認識が間違っていたのねwobbly

思い込みって…いけませんね。 

写真左が元の線。右側が、線幅修正ツールの使用後。


P9010094


|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »