« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

訃報

「光とともに…」の作者、戸部けいこさんが亡くなられました。
GOLDでお書きになっていたころは、よくお話させていただいたので
ものすごく驚きました。
「光とともに…」は図書館にも置いてあるので
うちの娘も借りてきて読んでいました。
世の中の人びとに、自閉症児の存在を
理解してもらうきっかけになりうる
すばらしい作品を残されたと思います。
でも、あまりにも早すぎる。
まだ、心が現実を受け入れきれないでいます。

|

黄河の水は…

天上より来たる。
次の舞台は黄河です。
プロットのOKが出たので
さらに詳しいシナリオみたいなものを
書いてます。
タイトル未定ですが青龍の過去と
黄河龍王に仕えるようになったいきさつなどを
書いてみようと思います。
河といえば、黄河。
江といえば、揚子江。

水辺には人の暮らしと文明が。
大河は存在そのものがドラマ的。
でも時間だ、晩ご飯作らなきゃ!

|

煩悩退散

さて、遊んでばかりいるわけにも
いかないので新作のプロットを書いてます。
5月16日発売のプリンセスGOLD6月号に掲載予定です。

で、遊びなどの日常から頭脳労働に入るとき
便利なのがこれ!
「お香」。
中でも特に好きなのがお寺のオリジナルなお香。
やはり、それぞれのお寺の名前を冠するだけあって
気合いの入った物が多いように感じます。
先日は日光東照宮に行ったので「名香鳴龍」と
「紫雲」というのを購入してみました。
鳴龍説明書きより
「日光杉、沈香、白檀、龍脳など、七種の香雲の馥郁たる香気をもって
信徒の皆々様の煩悩垢障をはらい、薬師如来の加護を得られますことを祈念いたします。」
うーん、ありがたい。なにやらこれだけでも心の垢まで落ちる心持ちが!
しかし、ただ一つ困るのは娘に「お母さん、お線香臭い。」
と言われてしまうこと。
そういえば、亡くなった祖母もいつも仏壇のお線香の香りが…。
ば…婆くさい???P1230003

|

山の上ホテル

先輩のマンガ家さんと
初めて「山の上ホテル」のバーで飲みました。
学生時代をお茶の水で過ごしたので
ほんとに何度もホテルの前は通りましたが
文字通り、見上げるだけだった老舗のホテル。
昨夜だって、ひとりじゃ絶対入れなかった。
でも、ストンと夢が叶う日ってあるんですね。
気がついたら、あこがれのカウンターに
どっしり腰をすえて色とりどりの
カクテルをあおりつつ、マンガ談義に
花を咲かせたりして。
どっから見ても「一見」なのに
きもちよーくお酒を飲ませてくれた
バーテンダーさんに拍手!
また、一仕事終えたらぜったい通いますからねっ!

|

2巻発売

「中国ふしぎ夜話」の2巻が3月16日に発売されます。
サブタイトルは「瑠璃の月」です。
半信半疑でしたが,GOLDに宣伝が載っていたので
決定だと思います。
というわけで、表紙のカラーとか描いてます。
今回もページがぴったりなので
おまけの描きおろしとかないのですが。
その分表紙をがんばって描きます。
店頭で一人でも多くの方に
気がついてもらえるように。P1160002

|

細せえ!

そういえば年末、始めて「ジャンプフェスタ」に
行ったですよ。
で、原画展をやってたもんで
「ああ、後学のために少年マンガの原画も見とこ。」と。
やっぱり原画って、作家の個性が出ますから
そりゃあワクワクして見たんです。
したらば!
「ほ…ほっせえええ!!!」
何!この描線の細さ!!
ゲッ、主線丸ペンじゃん!
少年マンガなのに???Gペンは使わんのか???

まあ、ジャンプの作家さん全員が
というわけではないのですが。
どうも時代はより繊細に移行しているようで。
「少年マンガの絵イコールごつい。」という
認識はくつがえされました。

やっぱ、たまには外にでないと駄目ね。
て、ゆうか私の絵。
いつのまにやら少年マンガより
線が太いんですけど、
…どうしたら。Pc190006

|

千葉といえば

落花生。落花生と言えばピーナッツ。
正月、「海ほたる」に行ったんですが。
お土産に買ったピーナッツが美味しかったー!
チョコのようなものがコーティングされていて
洋菓子みたいなんです。
株式会社生形商店さんのです。
今度行ったらまた買おう。

写真はココアとイチゴ味。
チーズ味もあったんですが
あっという間にたべちゃいました。P1060035

|

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年は年あけから掃除で
始まった我が家です。
年末に5日かけてリビングや寝室などの
家族の共有部分の大掃除を行い、
すっきりと年越し。
で、年始参りやら初詣を終えて
仕事初めの前に今度は仕事部屋の大掃除。
ゴミ袋20個くらい不要品を処分しました。

例年は原稿に追われ、大掃除どころか
通常の掃除もままならないので
ここぞとばかりにがんばってしまいました。

あー、ほんとすっきりした。
これでこそ原稿も気持ちよく描けようというもの。

写真は千葉の房総の海です。
この海のすぐ後ろが洲ノ崎神社。

P1030028

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »