« 厳寒の日光 | トップページ | まだ、ネーム中 »

バクマン、まだ読んでないけれど

原作付きマンガが増えたなあ、と思う今日このごろ。
是が非かを論じるのは時間の無駄なので置いといて。
量産を目的とすれば、分業のほうが効率がよいのは確か。
しかし、人間は機械ではないので「相性」というものがある。
これが、意外にくせもので。
相乗効果をもたらすこともあれば
相殺効果を招くこともある。
実際、原作者と意思の疎通がなせず
苦労して作画しているマンガ家さんを知っている。
基本的に「創作作業」ってわがままなものなんだよ。
人が何と言おうと、自分はこうしたい!!ってゆずれない
マイホーム建築みたいなものなんだよ。
マイホームを愛すれば愛するほど、
壁紙の色ひとつとて妥協はしたくないんだよ。
と、思うのが私の意見なのですが。
世の中には「仕事だから」と気に食わん設計図でも
家をて建てられる人がいるのですね。
プロとしてはそっちのが正解か。

|

« 厳寒の日光 | トップページ | まだ、ネーム中 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522038/44044154

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン、まだ読んでないけれど:

« 厳寒の日光 | トップページ | まだ、ネーム中 »