« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

空腹感

今日も相変わらず原稿描いてます。
CMで「寒いとお腹が空くの。」と少女が訴えておりますが
マンガ描くのもすごくお腹が空きます。尋常でない食欲です。
でも、欲望のままに食べていたらあっという間に体重増加です。
そこで仕事中のおやつをいろいろ試したところ、やっぱりおにぎりに落ち着きました。
お菓子よりうんと腹もちがいいです。それもうちで炊いた玄米のおにぎりが一番。
コンビニのおにぎりはごはんに油と塩が入っているというので止めました。
ああ、お腹すいたー。毎朝、空腹で目が覚めますrestaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンの海

フィリピンでは違法な漁の「ダイナマイト漁」が
行われていると言うTVを見ました。
そのおかげで珊瑚礁はボロボロに。
当然、魚の住環境も悪化します。
でも、貧しい漁師のおじさんは息子をどうしても
大学に進学させたくて違法な漁を続けるのだという。
フィリピンは20代の頃一度行ったことがあります。
旅行者がチラ見した程度でも、貧困の深刻さが
伝わってきました。
子供が腹を空かせていたら親は違法と知っていても
たくさん魚を獲りたいよな。
でもダイナマイト漁を続けていたら
結果的にもっと魚が捕れなくなって
子供が将来、漁師をやっていけなくなるかもしれないんだよ。
貧困ってどうして無くならないんだろう。誰に止められるんだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

百薬の長

私はすぐ寝てしまうので原稿描きの最中は
全くお酒を飲みません。
が、風邪のときは別。
夕べは少しのどが痛かったので
卵酒を飲んで寝るつもりでした。
が、冷蔵庫に卵がナイ!
しかたないので赤ワインのボトルをあけて、
蜂蜜入りホットワインを作りました。ウマ〜heart
朝にはすっかり風邪も抜けて、お仕事再開できました。
すごいなあ、酒パワー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波到来(予定)

今日もひたすらペン入れ。
家から一歩も出ず。
食事は冷蔵庫のアリ物でなんとかするのが
主婦の知恵。おでんと白菜の煮物を作りました。
明日から寒波がくるそうで、うれしい。
寒がりのアシスタント嬢にしかられましたが
私はキンキンに冷えた冬の空気が好きなんです。
呼吸器系の持病があるんですけど
ふしぎなことに冬のほうが調子がいい。
花粉とかダニとかアレルゲンが少ないせいかな?
よくわかりませんが冬は何やら絶好調なんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな幸せ

今日もひたすらペン入れ。
とはいえ私は自他ともに認める遅筆なので
青龍のアップだけでへろへろ。
なにが大変って白ずくめのキャラ(特に髪の毛)は修正
しづらいので一発勝負なところ。
とりあえず、肩がバキバキに凝ってしまったので入浴します。
日本人には風呂があって良かったなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国4千年の生薬パワー

今回の原稿を描き始めてから4キロ体重が増えました。
いくらなんでも、そんなに食べた覚えがないし
足がぱんぱんにむくんでいたので
葛根湯を飲んでみた所。
−2・4キロ減りました。やっぱり水太りかい!!
そんなこんなで毎日軽くヨガもやってます。
足のストレッチが痛キモチいい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻のキャラバンサライ

大昔に撮ってパソコンに保存しっぱなしだった
西安の写真をプリントアウト。
これをもとにアシスタントさんに背景を描いてもらっています。
あとはシルクロードの資料が必要なんですが!
オアシス都市といってもカサカサの遺跡ばかりで
当時の生活を彷彿させるような写真はなかなか見つかりません。
後は想像力ですね。チャイナファンタジーだからそれでもいっか。
Dscf0615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参考までに

前に書いた「写植」の写真です。
吹き出しの中に貼ってある文字の部分。
ちょっと、見づらいかな?
Pb100395

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックス発売決定

プリンセスGOLDで連載中の「中国ふしぎ夜話」シリーズの
コミックスが出ます!
1月16日発売予定です。
今日はそのための原稿チェックなどをやりました。
1本目の「黄金の石榴」が最後のアナログ入稿で。
デジタルとどこが違うかっていうと、
台詞の部分が写植(しかものりで貼ってある)なんですよー。
私、お茶の水のデザイン学校で写植実習とかやりましたので
郷愁もひとしおです。自分で指定した原稿を写植やさんに持ち込んで
打ってもらいましたっけ。あの辺、小さい印刷やさんとかたくさんあったんですよね。
就職してポスター、チラシなども作りましたけど
そのころでもまだ版下用紙使ってましたもんね。
ま、デジタルはデジタルのよさがあるんですけどね。
カラー原稿なんかは
「今,パソコンが壊れたらどうしよう。」っていう不信感は常にあります。
あ、とりあえず「中国ふしぎ夜話」のコミックスよろしくお願いしますheart


| | コメント (2) | トラックバック (0)

下書き中

一昨日くらいから原稿の下書きをはじめたのですが。
足がむくんですごいことに!
夜が一番ひどいのですが、今朝は起きてもまだ
むくみが取れてませんでした。
やっぱりいちにち10時間以上座ってるのがよくないんですねsweat02
と、いうことでこれからしょうが紅茶を飲み、ビリー隊長んとこへ
キャンプインしてきます!!ビクトリーーーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大河ドラマ「龍馬伝」

そうですか、龍馬役は福山雅治さんですか。
龍馬というとどうしても若い頃の武田鉄矢さんを
思い出してしまう私には玉置宏さんの龍馬は
線が細すぎた。かっこ良かったんですけどね、足長いし。
でも、下級武士のたくましさみたいなものは無かったですね。
福山さんのはどうですかね。破天荒でしたたかで
スケールのでかい龍馬をやってほしいですね。
幕末の志士はなまじ写真が残ってるから
イメージが固定しすぎてやりづらそうですね。
でも、「龍馬伝」激しく期待してますワheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑紫哲也さん

初めて見たのはまだ駆け出しのOLの頃。
毎日9時すぎまで残業して、
へとへとになって帰宅してTVを
つけるとやっていた。
「こんな時間にニュースやってる。」が第一印象でしたっけ。
その後、結婚、退職、マンガ家になって。
「ニュースステーション」と「ニュース23」を見ない日はなかった。
切羽詰まる〆切に追われながら、ともすれば社会との接点が皆無に
なる日々を筑紫さんのニュースがつないでくれていた。
「一本筋の通った大人の男」だった、筑紫さん。
平易な語り口で、でもとても大切なことを
考えるきっかけを与えてくれた。
「報道を鵜呑みにしてはいけない。」と思いながらも
安心してニュースのコメントを聞いていられる名キャスターでした。
心からご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

非常食

マンガ制作の追い込みの期間を「修羅場」といいます。
誰が言い始めた言葉か分かりませんが,文字通り〆切に追われて
人間以下の生活に成り下がる訳です。
風呂、睡眠等の基本的生活は勿論、この時期には
食生活もかなり悪化します。
そこで、必要となるのが野菜たっぷりのスープです。
今日は来る修羅場にそなえて
「いためたまねぎ」をたくさん作って冷凍しました。
いざという時はこれと冷蔵庫の残り物だけで
簡単にスープができます。
かつて戦場に赴く武将が携帯した干し飯にも似た
頼もしい非常食でありますscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の恒例

さほど編み物が好き、というわけではないのですが。
この時期になると無性に何か編みたくなる衝動に駆られます。
しかし、50Pの作画は始まったばかり。
編み物なんて時間のかかることはやっていられません。
でも、昨日編み物の本買っちゃったnote
次に暇ができるのは年末。
それまでは、バーチャル編み物で我慢しよ。
写真は去年の今頃、発作的に1日で編んだもの。
Pa250001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご利用はほどほどに。

果たして株価の動きで一喜一憂してる人は幸せなのかな。
朝から晩まで、数字とにらめっこする生活は楽しいのかな。
小室哲哉さんのニュースを聞いて「悪銭身に付かず」の見本のような人だ、
と思ってしまいました。
簡単に手に入るから、簡単に使ってしまうんですね。
お金はあるにこしたことはないけど。
持てば持つほど、心配事も増えるよね。
税金とか、空き巣とか、銀行の倒産とか、相続問題とかね。
小室さん、全盛期は20億以上稼いだっていうけど。
転げ落ちる心配ばっかりしてたんじゃないのかな。
だって全然、幸せそうに見えないし
幸せに年を重ねた人の顔でもないよ。
写真のタイトル「小判って何?」


Pa050357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウィートポテト

子供のハロウィンパーティー用に
久しぶりに菓子なぞ焼いてみました。
たまたま,買い置きしていた100均の袋に入れたら
アーラ素敵!
少女マンガのマストアイテム「手作りお菓子」に!!
芋をつぶして砂糖と生クリームをブチこんで
オーブントースターで焼いただけの手抜き料理なんですけど。
せめてカタチだけは!
はしくれですけど、少女マンガ家ですから!!!Pa190409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失恋を検証する。

「失恋から立ち直るためにやったこと」というサイトを見ました。
やけ食い、やけ酒、カラオケ、泣ける映画、買い物、一人旅…
あたりは定番でしょうか。
私の場合「失恋」自体が二昔まえの出来事ですから、
あまりはっきりおぼえていないのですが。
あの頃はどうしていたのかな…。
「とにかくヒマを作らず考えないようにする。」かな?
強制的に忙しくしているうちにそのうち本当に忘れてしまう。
失恋とは関係ありませんが、時々精神だけがどっかに行っていて
家の中で夫に出くわすと飛び上がるほど驚いてしまうことがあります。
作家としては普通ですが、人間の行動としてはNGです。
だって、同じ空間にいる人間の存在を忘れちゃうんだからね。
忘れられる方は、失恋並みに傷ついているはずだ。
ごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »